コザール

2015年04月19日

運転者限定


自動車保険料を抑える方法として

対人、対物の補償は変えずに

運転する人を限定する方法があります。


「運転者限定なし」

本人、家族はもちろん、友人、知人が

運転していても補償されるタイプで、

保険料が最も高い。


「家族限定あり」

契約者と配偶者の同居の家族、

別居の未婚の子供に限定すると、

保険料が安くなります。


「本人・夫婦限定あり」

運転者を本人、配偶者だけに限定すると、

保険料は、かなり安くなります。



見積りする時に、上記の条件を変えると

保険料がわかるので、無駄のないように

しましょう。


ただし、

条件外の人が運転した時は、

補償されないので、くれぐれもご注意を。



posted by ken at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417528610

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。