コザール

2015年10月16日

自動運転


自動車メーカーが開発競争で

しのぎを削っている

「自動運転車」であるが、


警察庁は、

法的課題の検討を始めることを

明らかにした。


政府は、

2020年をめどに、法整備を

目指す方針だが、ドライバー不在

による事故の責任や、ハッカー対策

など課題は多い。


課題のひとつには、

「自動運転車」が事故を起こした場合

の責任の所在だ。

ドライバーの運転への関与が低く

自動運転システムの不具合が

事故を引き起こすケースも

考えられる。


メーカー側の責任が、

問われるかもしれず

自動車保険金の計算に

影響が出る可能性もある。





posted by ken at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。