コザール

2015年05月28日

道交法の改正 6/1施行


自転車が加害者となる事故を

防止するために

道路交通法が改正された。


自転車の危険行為が決められ、

刑事罰を受ける14才以上の運転者が

危険行為を3年以内に2回以上

繰り返した場合、

自転車運転者講習を義務づけられ、

従わない者は、5万円以下の罰金となる。


自転車の危険行為とは、

信号無視、酒酔い運転、

ブレーキのない自転車の運転、

携帯電話やカサを使用しながらの

運転などである。


一発レッドカードではないが、

今まで許されていたものが、

違反になるものもあるので

ご注意を!







posted by ken at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

自転車の信号無視


兵庫県で40代の女性が、

自転車で信号無視をしたとして

罰金の略式命令が出された。


自転車の交通違反は不起訴となる場合

が多く、罰金刑が出されるのは

異例という。


この女性は、昨年、自転車の信号無視で

書類送検されており、その時は不起訴と

なっていたが、今年、自転車の信号無視

で警察官から、刑事処分の対象となる

交通切符を切られた。

その後、

書類送検された。


地検は、2度の違反を悪質判断

略式起訴した。


自転車は本当に危険なので

気をつけましょう。


バイク保険一括見積り







posted by ken at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

自動車保険料の値下げ


損害保険ジャパン日本興和は、

2015年10月から

自動車保険料を平均で

0.2%引き下げる方針を固めた。


引下げは、11年ぶりである。


値下げ理由として

ここ数年の値上げ効果により

収支が改善したことと、

若者の車離れや、

割安なインターネット損保

との競争もにらみ、

顧客のつなぎとめが

考えられる。


これまでの値上げ

2012年3月期  +1.5%

2014年3月期  +2.0%

2015年3月期  +2.5%

・・・・

2016年3月期  ー0.2%



あくまで、平均0.2%の値下げであり

契約者の年齢や補償内容、車種で

異なり、普通・小型乗用車や

30〜59才の人は下がりやすく

軽自動車や70才以上の高齢者は

上がる可能性もある。


なお、東京海上日動火災保険や

三井住友海上火災保険の大手は

据え置く方針である。


posted by ken at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。