コザール

2015年04月19日

運転者限定


自動車保険料を抑える方法として

対人、対物の補償は変えずに

運転する人を限定する方法があります。


「運転者限定なし」

本人、家族はもちろん、友人、知人が

運転していても補償されるタイプで、

保険料が最も高い。


「家族限定あり」

契約者と配偶者の同居の家族、

別居の未婚の子供に限定すると、

保険料が安くなります。


「本人・夫婦限定あり」

運転者を本人、配偶者だけに限定すると、

保険料は、かなり安くなります。



見積りする時に、上記の条件を変えると

保険料がわかるので、無駄のないように

しましょう。


ただし、

条件外の人が運転した時は、

補償されないので、くれぐれもご注意を。



posted by ken at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

安全運転でキャッシュバック


ソニー損保が、小型のセンサー機器を

使って、運転技術を評価し、

高得点を出すと、保険料を

返金する自動車保険を発売した。


ネットを通じて申込み、ソニー損保

から送られてくる無料貸与の

小型計測器を付属のテープで

車内に取り付ける。


100点満点で運転を評価し

「ふんわりした発進」

「滑らかなブレーキ」

が高得点を出し

60点以上から保険料が

キャッシュバックされ

90点以上だと保険料の

20%分が返金される。


運転技術を採点して保険料に

反映させるタイプは珍しい。


posted by ken at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

子供原因の偶発事故、親の賠償責任なし

最高裁判決で子供が原因の

偶発事故で、バイクが転倒して

ケガをした男性(その後死亡)

に対して、

親には、賠償責任がないとの

判決が出た。


posted by ken at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。